仮に格安SIMを使うことができれば、通信費の削減が出来ます

SIMとは何かというとdocomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードという名称の小さいICカード(SIMカード)のことです。

スマホなどに、ドコモなどのものではなく、格安SIMを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、最近注目されるようになっています。

たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、アクセスが増えたとしても、速度低下に陥ることがなく、設備にきちんと投資をしていれば、通信データを安定して供給できるので、利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

したがって事業者を選定の際には、安ければ良いということではなく基盤がしっかりとしたサービスを選定する必要があることが分かります。

格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

auやソフトバンクのiPhoneはなんと使うことが出来ないのです。

そのような方は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、できればSIMロック解除をする、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。

高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

実際にはスマホにSIMをセットしただけではネットワークに接続できません。

これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

格安SIMがよくわからない人や、これだけで使っていけるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、こうした大手通信会社が手がける格安SIMを選択するというのもありですね。

仮に格安SIMを使うことができれば、通信費の削減が出来ます。

au等ですと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月々数百円という費用になることも。

とりあえず、プランニングしてみても良いと思います。

今現在、格安SIM、スマホを販売する多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。

そのため、カタログスペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

しかし、実際の通信速度を調べてみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

一例を挙げると通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

いろいろな仮想移動体通信業者もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

どうしてかというと通信速度は、「回線帯域の太さ」と通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「データ回線帯域の太さ」と「通信設備」は仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

大手キャリアのスマートフォンや外でも接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、他の会社のSIMは使えないSIMロックが施されています。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、NTTdocomoの場合は、ドコモ回線を使っている会社のSIMを利用することができます。

よく読まれてるサイト:かけ放題を格安SIMで無制限にする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です